債務整理で人生をやり直そう!京都、大阪

債務整理は自己破産だけではありません。借金問題を少しでも早く解決し、人生をやり直すことが大切です。

司法書士や弁護士の借金相談を受けて過払いの悩みを解決

過払いが発生している可能性がある方は、司法書士や弁護士の無料借金相談を受けてみましょう。 初回の借金相談は原則無料とするところが多く、もし有料の場合でも5,000円程度とそれほど高額ではありません。

1回の相談で過払い発生の有無がわかりますし、もし発生していない場合は債務整理に移行することもできます。 過去に20.0%を超える金利で借りていた方は、利息を払いすぎている可能性があります。

長年にわたってキャッシングやカードローンを利用してきた方は、司法書士や弁護士に相談をしてみましょう。 過去の利用明細をチェックすれば、グレーゾーンの借入履歴がわかります。

借金相談と同時に行う過払い請求

借金を抱えていて、すでにどうする事もできない状態にあるという人は、過払い請求を行う事ができるというケースもあります。過払い請求を行う事ができれば、残りの借金を減らす事ができます。また、借金については、自分だけで解決する事は難しいので、過払い請求と一緒に法律家に相談するといいでしょう。

過払い請求は、債務整理と一緒に行われる事もあり、その場合にはより解決しやすくなるという事もあります。債務整理を行うタイミングは、過払い請求を行うチャンスでもあります。なかなか相談しにくい事もありますが、解決する事が大事ですので、勇気を出して、積極的にアクションを起こしましょう。そして、ベストを尽くしましょう。

過払い請求の訴訟を検討

法律家を通して過払い請求を行ったが、それでも金融機関が応じてくれないという時には、次の手段として訴訟をするという事も可能です。しかし、過払い請求の事で訴訟をするとなると、時間や手間も必要になり、かなり大がかりとなってしまう事もあります。

過払い請求で取り戻せる金額が多くない場合などには、訴訟をするかよく検討した方がいい事もあるでしょう。しかし、法律家が交渉するだけで過払い請求ができる事もあります。そして、訴訟が必要だと分かった時点で、再度考える事もできるかと思いますので、まずは手続きを進めてみるのもいいでしょう。過払い請求について相談しやすい法律家であれば、きっとどんな事も話ができるでしょう。

過払い請求で欠かせない契約書

消費者金融に対して過払い請求を行うには、借入を行った際の契約書を欠かす事ができません。しかし、あまりにも古い契約の場合や、完済している場合には、契約書を処分してしまっている人もいます。その様な人は、過払い請求ができないという分けではありません。

消費者金融に対して、取引履歴の開示を求める事ができます。書類がなくても、取引をしていた消費者金融の名前が分かれば、過払い請求ができる事もあります。過払い請求をしたいという場合には、まず弁護士に相談してみるといいでしょう。また、契約時の契約書は過払い請求において必ず必要となりますので、手元にある場合には、法律家に提示しましょう。

過払い請求を行う事による変化

自分が過払い請求を行うと、これまでとはどの様に変化するのかという事について気になっている人もいる様です。過払い請求を行うと、その金融機関からの借り入れなどはできなくなってしまうという事が予想されます。

まだ借入の予定があるという人であれば、過払い請求を断念するか、もしくは、過払い請求の時効まで余裕があれば少し先送りにするという方法もあるでしょう。また、時効が近づいている場合には、過払い請求を行った方がいいという事が考えられますので、新しく借入をしたいのであれば、別の金融機関を利用するという事もできます。金融機関はたくさんありますので、他を探すという事も可能ではないでしょうか。

過払い請求について

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士、司法書士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、東京、千葉には優れた弁護士、司法書士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

借金問題を早く解決

債務整理について

自己破産について

多重債務について

任意整理について