債務整理で人生をやり直そう!京都、大阪

債務整理は自己破産だけではありません。借金問題を少しでも早く解決し、人生をやり直すことが大切です。

自己破産で多重債務者を救済

自己破産は、民事再生、任意整理を行っても返済できない金額の借金を抱えている多重債務者などを対象にして、地方裁判所に破産したと自己申告をすることで借金を帳消しできる方法です。価値ある財産をほとんど手放すことになりますが、借金返済に追われる苦しさから逃れられます。

生活を再スタートするための手続きなので、必要最低限の財産は保護されますし、財産がほとんどない場合、手続きはすぐに終了し、引越し等どんなことでもできます。しかも、自己破産後に取得した財産に関しては全くの自由です。この手続きは30万前後かかると言われていますが、書類作成から裁判所への申し立てを正確に行うため、弁護士に相談するのが良いです。

多重債務による自己破産をするなら

きっと返せると思って過信業者に依頼をしてお金を借りたと思います。でも、借金が借金を生んでしまい返済のために借金をして負の連鎖、いわゆる自転車操業的な生活を余儀なくされるかもしれません。確かに借りたものは自力で返すべきです。

しかし、それでも多重債務でどうすることもできなくなってしまった時は法律のプロである弁護士の先生に自己破産の依頼をすることも選択肢の一つに入れてもいいかなと思います。確かに、その後デメリットになることもあるかもしれませんが、まず借金の取り立てや借金のことをいつも考えなければいけない生活から解放することも精神衛生上必要なことです。

多重債務で悩んでいるなら自己破産

事業の拡大や生活費にあてるためなど、理由は人それぞれですが、複数の金融機関から借り入れをしてしまい、返済が滞ってしまっているとお悩みの方もいるかと思います。多重債務により生活が立ち行かなくなる前に、弁護士へ相談して債務整理をするとよいでしょう。

債務整理の方法には複数ありますが、借金額が高額となって今の収入や財産ではとうてい返済しきれないという場合、自己破産を勧められることもあります。原則として、借金が免除されます。しかし、車や家などの財産を手放さなければならないこともあるため、メリットとデメリットについてよく確認しましょう。

多重債務による新たな自己破産を避けるには

近年、多重債務を抱えて、自己破産を繰り返す国民が増えているらしいです。政府は平成18年から新しい貸金業務法で、この問題に対処しており、現在では、収入の3分の一を超える貸し付けは、出来ないように制限されています。多重債務を抱えてしまった場合には、弁護士に相談するのが一番です。

弁護士が自己破産を申請することで、早く確実な対処が行え、普段の生活への影響を最低限に抑える事が出来ます。破産の申請をしてもそれが一般には公開されません。冷静に対処するためにも、第三者の立場で専門家が介入して問題解決をすることが大切です。

多重債務による自己破産での懸念事項

複数のカード会社や金融業者から借り入れがあり、多重債務の問題を抱えている方は、最終手段として、自己破産を検討することが多いです。この自己破産で考えられる懸念事項はいくつかあります。まずは、官報と呼ばれる政府が発行している名簿に載ることです。普通の人はほとんど見る機会のないものなので、周囲に知られてしまう可能性は低いです。

次に、戸籍に破産したことが載せられてしまうかということです。これは、記載はされませんが、限られた期間だけ、役所が管理する書類に名前が載ります。そのほかにも懸念事項はありますが、不安なことがあれば弁護士に掛け合ってみると良いでしょう。

自己破産について

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士、司法書士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、東京、千葉には優れた弁護士、司法書士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

借金問題を早く解決

債務整理について

自己破産について

多重債務について

任意整理について