債務整理で人生をやり直そう!京都、大阪

債務整理は自己破産だけではありません。借金問題を少しでも早く解決し、人生をやり直すことが大切です。

自己破産と任意整理は

最悪な事態になる前に、まずは弁護士・司法書士に相談してみましょう。 最悪になることを考えたら、ここで他人に恥をさらずくらい、の考えを持たなければなりません。自己破産・任意整理は、最悪なものから抜ける最終手段だと腹を決め、恥を捨てて、弁護士さんや司法書士さんと話し合うべきです。

ただ、自己破産・任意整理には、メリット・デメリットがありますから、きちんと事情を説明し、良く話し合いあいながら、どちらにするか決めるとよいでしょう。今後の自分の将来にかかわる重大な事ですので、安易に考えす、しっかりと考えてのぞみましょう。

自己破産と任意整理は何が違うのか

自己破産は裁判所を通じてすべての借金の返済を免除してもらう手続きです。すべての借金が免除されるメリットがあります。一方で、家や車など、一定の価値のある財産は換金され債権者に配当されます。また、一定期間特定の職業に就くことができなくなる、借金の督促が保証人に行くようになる、再度自己破産することができなくなるなどのデメリットもあります。

これに対して任意整理は弁護士や司法書士と債権者が裁判所を通さずに借金の減額や利息、支払期間などについて交渉し合意する仕組みです。多くは利息の免除という形で和解を行うため、将来の返済金額が減り、借金完済までの道のりを短縮できる可能性があります。

自己破産や任意整理による債務手続きの方法

借金問題を抱えている方の対処法として認知されている債務整理の手続きには、さまざまなものがあります。裁判所に申請をして借金額が帳消しとされる自己破産、借入先に直接交渉をして返済内容を見直す任意整理などが挙げられます。

それぞれの問題内容や状況に合わせた対処方法を選択することが必要とされており、速やかな問題解決のためには欠かせない要素として意識されています。弁護士などの法律専門家を通じた対処によって、スムーズな解決が目指せるようになる他、より大きなトラブルへの発展も回避することができ、無料での相談など、気軽に利用できます。

任意整理でも対処できない場合の自己破産

借金の問題がなかなか解決されない場合や、自力での解決が困難とされる場合において、債務整理の手続きが進められるケースがあります。借入先への直接交渉が行われる任意整理においては、裁判所への申請が必要とされておらず、両者の合意によって成立します。

どうしても借金の全額返済が困難な場合には、自己破産の手続きが進められることもあります。裁判所への申し立てによって、借金が帳消しとなり、返済義務も無くなる他、以降の収入が全て生活費に充てられるなど、長年抱えられてきた借金に対するストレスからも解放されることでしょう。

借金が免責される自己破産か財産を手放さずに済む任意整理か

借金の返済で日々の生活が逼迫してしまう前に、弁護士へ相談して債務整理を行いましょう。収入や借金額に応じた適切な手続きを進めるなど、生活を立て直すサポートをしてもらえます。まず、代表的な債務整理には自己破産があります。様々な理由から返済することが難しいと判断された場合、返済義務が免責されます。

会社勤めなど継続した収入が見込まれる場合には、金利の引き直し計算により減額した借金を3年程度で返していく任意整理をします。一定額以上の財産を手放さなければならない自己破産と違い、住宅や車などを所持したままでも良いという部分が大きな違いです。

自己破産について

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士、司法書士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、東京、千葉には優れた弁護士、司法書士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

借金問題を早く解決

債務整理について

自己破産について

多重債務について

任意整理について