債務整理で人生をやり直そう!京都、大阪

債務整理は自己破産だけではありません。借金問題を少しでも早く解決し、人生をやり直すことが大切です。

債務整理で人生をやり直そう!

多重債務や借金で、利子を支払うだけで、全く借金額が減らないなどといったことを耳にしたり、現時点でそうなってしまっている方もいらっしゃると思います。

そんな時、人生を投げ出したくなることもあるかと思いますが、そんなことをしても何も変わりません。
かえって現在の状況を悪化さすだけではないでしょうか。

しっかりと立て直しをすることで、借金のない生活に戻る努力をしませんか。

当サイトでは、債務整理について、また人生設計の立て直しの必要性についてご紹介しています。

住宅を手放さず債務整理

債務整理の方法は、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産等ありますが、自己破産のように全ての財産を換金して借金を帳消しにするのでなく、住宅や車以外の借金を大幅に減額して債務を整理する方法があります。

これは民事再生(個人再生)と言われ、もちろん法律によって認められています。この方法は借金総額(最低100万円以上)を3年以内に返済することを条件としており、借金総額の5分の1まで減額することができます。住宅を手放さず、借金の整理ができるのがメリットですが、原則として3年以内に返済しなければならないので継続収入がなければなりません。個人再生による債務整理は法的な知識が必要となりますので弁護士・司法書士にお願いするのがベストです。

債務整理は依頼者の返済を楽にするための方法

債務整理は、弁護士に交渉を依頼してい行う債務の整理方法で、依頼者の借金の返済を楽にするためのものです。そのままではすでに返済が困難になっている場合でも、定期収入が一応ある場合にとられます。

返済が全くできない場合は自己破産を選択することになりますが、債務整理は返済額が少なければ返していける人が行います。具体的には、月々の支払額を少額にしてもらい、それを長期間にわたって返済していきます。大体5年ほどで返済していくことが多いです。また、利息の引き下げや免除なども行われます。ただ、細かい事情は弁護士の交渉次第で変わります。

過払い金が発生する取引期間は?

過払い金には支払いをしていく中で発生する高過ぎる利息が関係していますが、利息は利息制限法と出資法に基づいています。現在は利息制限法では15%から20%、出資法では20%までの利息が許されています。しかし、出資法が現在の20%までという決まりになる前は29.2%までとされていたため、貸付業者は最高の利息を付けて貸すことが多かったといわれています。

そのため、出資法が改正される以前の人の方が過払い金の額が高い傾向にあります。利息による過払い金が発生する取引期間は貸付業者によって異なりますが、7年以上になっていると確実に発生しているとされるので見直しが大事です。

多重債務、2件以上の消費者金融に過払い請求

借金をしている人の中には多重債務となっている人もいるなど、複数の消費者金融と取引を行っている人もいます。その場合には、過払い請求をする際にも、2件以上の消費者金融に対して個別に手続きを行わないといけません。

過払い請求を行う消費者金融が多くなると、借入の状態など詳しい事については忘れてしまっている事もあります。書類があれば、正確に把握する事ができますし、また過払い請求に活用する事もできます。

いきなり法律家の所に行って過払い請求の相談するのではなくて、まずは自分で借入状況を把握する様に努めてみましょう。完済していても、時効が過ぎていなければ、過払い請求を行う事は可能です。

過払い請求を電話相談

いきなり知らない法律事務所に連絡をして過払い請求の事で相談するのは勇気が必要になる事もあります。また、その法律事務所が過払い請求の事で相談した際の対応などは、連絡してみないと分からない事もあります。不安な時には、まずは過払い請求について電話相談をする事をおすすめします。

過払い請求については、職場の人に知られたくないという人が多い様ですので、その場合には自宅から電話をするといいでしょう。また、電話の他にもメールで過払い請求について相談する人もいます。今ではいろんな手段で相談する事ができますので、もし悩んでいる人がいれば、積極的に法律事務所にコンタクトを取りましょう。

多重債務は自己破産と任意整理どちらがよいか

借金が返済出来ないときの救済措置としては、自己破産が有名です。裁判所へ手続きを行うことで借金が免除されます。給料の差し押さえなどの強制執行が禁止されるため、生活を立て直すことが可能です。度重なる督促の連絡で神経を摩耗させている方にとっては、これだけでもありがたいと感じるのではないでしょうか。

一方任意整理の場合は、引き直し計算をして利息をカットし、3年から5年を目安に分割での返済を進めます。裁判所を介さず債権者との直接交渉になりますので、自己破産よりも手続きが比較的簡単です。引き直し計算の際に過払い金が見つかった場合は返還請求をして、これを返済へあてることも可能となります。

任意整理を迷う債務者の借金相談

お金の使い方に失敗してしまった人の多くは、計画が下手なことが原因にあることでしょう。より良い状態を目指して計画する事は非常に良いことでありますが、失敗してしまうことや計画通りいかないことなど、数多くあることでしょう。

そのような結果をしっかりと踏まえて借金返済に勤めるべきです。返済のめどが立たないのであれば、不本意であっても任意整理をすることで、この状況の打開策から抜け出すことができるでしょう。まずは弁護士や司法書士などの法律家に借金相談を行いましょう、そうすることで現実の計画を立てることができます。

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士、司法書士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、東京、千葉には優れた弁護士、司法書士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、多重債務、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

借金問題を早く解決

債務整理について

自己破産について

多重債務について

任意整理について